ccクリーム spf50

MENU

BBクリームとCCクリーム

私はCCクリームを使っています。
BBクリームよりも知名度は低いかもしれませんが、カバー力ではBBクリームよりもいいと思います。
特にBBクリームよりもCCクリームの方がナチュラルメイクに仕上がる感じがしますよね(*^-^*)

 

それにCCクリームの良いところはやっぱり美容成分がたっぷり入っているところ。
化粧をしながらお肌のケアをしてるってすごいですよね。
女性は1日の半分は化粧をしているので、化粧をしている時間も美容成分がお肌のケアをしてくれていると思ったら嬉しいです。

 

使い方も色々で、仕事の時は化粧下地として使ってます。やっぱり社会人として、化粧はある程度しなくてはいけません。
休日はお肌を休めたいのですっぴんでいたいと思ってるのですが、そうもいきませんよね。
そんな時に私はファンデーション変わりとして使います。

 

CCクリームはBBクリームや普通のファンデーションとは違い、光の加減や反射を使ってキレイにお肌を見せてくれる働きがあるので、CCクリーム1本でファンデーションの代わりになるんです。とってもいいですよね。

 

SPF50+PA++++

最近は日焼け止め成分が入ったCCクリームも多くあって、私は日焼け止め成分が多いのを選んで買ってます。
というのも、色々とお肌に塗るのもあまりいいとは言えません。出来れば1つで済ませたいというのもあります。

 

日本国内の日焼け止め成分では、SPF50+PA++++が最高なんですが、この日焼け止め成分が入っているCCクリームがあったらいいですよね。色々と探してみると、何種類かありました。

 

CCクリームは商品によって、美容成分が違うものやカラーもあると思うので自分にあった物を見つけられたらいいいですよね。

SPF50+PA++++のCCクリーム

 

米肌 -MAIHADA- 「澄肌CCクリーム」

 

私の1番のおすすめはコーセーの米肌シリーズ。
美容成分はお米由来の成分なので保湿効果が高く紫外線からの乾燥を防いでくれます。
SPF50+PA++++で、無香料、タール系色素フリー、鉱物油フリー、パラベンフリー、弱酸性なのがすごい。
お肌に直接塗るものだからこそ、安心して使えるのがいいですよね。

 

 

 

 

かたつむり粘液90%CCクリーム

 

最近注目の美容成分、かたつむり粘液が配合されたCCクリーム。
かたつむり?って聞くとちょっと恐いと思われるかもしれませんが、アラントイン、グリコール酸、コラーゲン&エラスチン、ビタミンA、C、Eなど美容にかかせない成分が含まれているんです。
なので、洗顔後はこれ1本で基礎化粧からメイクまで簡単に。
まだ、かたつむり粘液を試していない方は1度ためしてみては。

 

 

 

 

エクスボーテ「女優肌」CCクリーム

 

最近1番気になっている言葉「女優肌」。
女優肌ライトが当たっているような透明肌に。毛穴の気になりをカバーし長い時間の化粧もくずれないという、まるで女優さんのようなお肌になれるCCクリーム。
女性の憧れですよね。女優さんのようないつも綺麗なお肌。
そんな願望を叶えてくれるCCクリーム。気になります。

 

SPF50+PA++++ってなに?

日焼け止めなどにかいてあるSPF50ってどういう意味だかわかりますか?
何となくだけど、数値が高い方が日焼け止めに効果的だということはわかります。

 

でも、詳しくは?となるとわかりませんよね。私もそうでした。
そもそもSPFって?なんでしょう。

 

 

SPF50+

SPFとはサン・プロテクション・ファクターの略で紫外線防御指数ともいいます。

 

簡単にいうと、日焼け対策の目印みたいなもので、皮膚の炎症度みたいな事で、皮膚が焼けるまで(炎症するまで)の時間的な感じです。では、数値が高ければ高いほどいいのかというとそうでもなく、お肌の影響を考えてか、現時点では50+が最高値となっています。

 

ではよく見かける、50+のプラスはどういう意味かというとSPF50よりも効果の高い数値をプラスを付けて、SPF50+としているみたいです。なんとも、微妙な感じですね(;'∀')

 

ではPAとはいったいどのようなものなんでしょうか?

 

PA++++

PAとはプロテクション・グレード・オブ・UVAの略で+の数が多くなるほど紫外線を防止する力が高い事をあらわしています。

 

PA + 「 効果がある」 PA ++ 「 効果がかなりある」
PA +++ 「 効果が非常にある」 PA ++++ 「 効果が極めて高い」

 

シミやシワ、ソバカスの原因になると言われている紫外線を予防したい人はこの数が多いのがいいですね。